クレジットカード

ログイン画面

ゴールドカード

アルバイトのキャッシング審査について

バイトをしている人の中には、お金を借りたくても消費者金融会社などからは借りられないと思っているケースもあるかもしれません。しかしアルバイトやパートでも、お金を借りることは可能です。

消費者金融の中には、アルバイトやパートに積極的に即日融資している金融会社もあるくらいです。

⇒ 詳しくはこちらのサイトが参考になります

お金を貸すにあたってカードローン会社は、安定した収入のあることを条件としています。

パートやアルバイトでも、安定した収入を得られていれば融資の対象になるわけです。ただし同じアルバイトをしていても、審査に受かりやすい人とそうでない人がいます。

まず融資を受けやすいのは、同じアルバイト先で長く仕事を続けられている人です。同じアルバイト先で勤続年数が長い人は、今後もその職場で仕事をして、収入を得られる公算が高いと判断されます。

一方バイトをしていても、短期や単発バイトばかりで職を転々としている人は審査が厳しくなります。いつ仕事がゼロになるかわかりませんし、収入も安定しないためです。

もしカードローンを利用することも念頭に入れてこれからバイト探しをするのなら、高収入の短期のバイトよりも長期のレギュラーの求人を対象に応募すべきです。

1年以上同じ会社で仕事をしている人は、アルバイトでも審査に受かる公算は高いです。少なくても半年くらいは同じ職場で継続的に仕事をしたいところです。

また今の職場をやめて別のバイト先に移ろうと思っている人は、今のバイト先を辞める前にカードローンの審査を受けた方がいいです。先の勤続期間が審査のネックになりかねないからです。

アルバイトがお金を借りられるキャッシング限度額

アルバイトやパートでもお金を借りることは可能です。ただし借入できる額は決して多くないと思ってください。

どの程度バイトでお金を稼げているか、アルバイト代によっても変わりますが、せいぜい大きな借入限度額でも30万円程度と思ってください。少ない所だと10万円程度の借入限度額になる可能性もあります。

これはなぜかと言えば、総量規制が関係しています。貸金業者は、年収の1/3を超える貸し付けができません。アルバイトは正社員などと比較すると稼ぎの少ないのが一般的ですから、どうしても融資金額を絞られてしまうのです。

少しでも大金を借り入れしたいのであれば、カードローンを利用する方法がベストです。アルバイトに積極的に融資を行っている消費者金融は、例えばプロミス、アコム、モビット、新生銀行カードローンのレイクなどです。

定期的にそれらのカードローンを利用して、期日通りに返済することです。

これを繰り返していると、消費者金融の信用力も高まります。そして年収の1/3が上限となるものの、その枠内で借入限度額の引き上げに対応してくれる可能性はあります。ただ、アルバイト誰もが審査に通るわけではありません。

多くの消費者金融や金融機関では未成年者は融資を受けられないことになっています。20歳以上で安定した継続収入があることが条件となっています。

20歳を超えていれば人材派遣会社に登録しての派遣アルバイトや貯金もなくて生活費に困っている大学生アルバイトでも借りることが可能です。

キャッシング審査時に必要な書類について

補足ですが、審査には、源泉徴収票や納税証明書、給与明細書などの収入証明書が必要となります。

また、アルバイト先に在籍確認をする消費者金融もあります。電話連絡で在籍を確認するのが一般的ですが、モビットなど消費者金融の中には在籍確認をしない所もありますので事前に確認が必要です。

中には借金があることを家族にも友達にも知られたくないと思う人もいます。借入の申し込みをすると郵便物が送られてくることになります。

実家暮らしだと父親や母親に借金があることがわかってしまいますが、インターネットで申し込みをすると郵便物が送付されない所もあります。例えばプロミスなどです。消費者金融にはそれぞれ特徴があるので、自分に合った所を見つけて利用するのがよいと思われます。

ガソリンスタンドのアルバイト体験談

私は、どういうわけか、ガソリンスタンドアルバイトとして
採用されました。1990年代の初夏だと思います。

志望動機は、お金を稼ぐ大変さを学ぶ、つまり社会勉強でした。
新聞の折り込み広告として挟まれていたペラペラの履歴書を
程良く埋め、大したことない面接を簡単に通過しました。
面接内容は、確認事項ばかりでした。

しかし、採用後が大変でした。何しろ新規オープンメンバーだったので
軍隊のような発声ばかりの研修からスタートしました。
世の中を知らない私は、初日から悪戦です。

当時の私は、10代です。そして、ただでさえ不器用でした。
真面目の中のマジメというくらいに、優等生ぶりっ子は本物レベルでした。
ただそのように振る舞っていただけです。

優しすぎる同期は、とても良く接してくれました。
しかし、出来ない私は、本当にダメな奴でした。
現場に入ると何日も経たぬうちに、よくいるジャイアンみたいな、スネオ
のような、めちゃくちゃ嫌なタイプの先輩に目をつけられたのです。

何を教わっても、消化しきれません。
職場の厳しい先輩の教え方が良くないのも現実でした。
その頃の私は、メモすら取れない人間だったと思います。

分からない時に「ちょっと待ってください!」と分からない時点で言えないような
人間は、分かっているものとして、どんどん説明を進めてしまう現場です。

今まで何を聞いていたの!?と怒鳴られるに決まっています。最終的には。
そんな現場では、長続きするはずが有りませんでした。"

働いて稼いだお金の使い道

お金はあるとついつい使ってしまうものであり、無いと非常に困るもの。子供でも大人でもそれは一緒であると思います。自分で働いて収入を得るようになるまでは、親からもらう毎月のおこづかいや毎年のお年玉が貴重な収入資源となる。自分が経験してきた金策を世代別に記してみます。

・中学生~高校生
主な収入源は、毎年親戚等からもらうお年玉。または、微額であるが、毎月のおこづかい。

使いすぎた分をカバーできない時代(毎月の収入としての額が低い為)なので、お金が無い状態になると非常に苦しくなる。お金を回す為によくしていた事は、遊ばなくなったゲームソフトの売却。プレイステーションやニンテンドー64のソフトは中高生の時にしてみればすごい高い金額で売ることが出来る。友人間で流行っているゲームがあり、どうしても欲しい場合は、古くなったゲームソフトを売って資金にしていました。しかし18歳未満でゲームソフトを売るには保護者の同意書が必要だったため、親への説明で一番苦労したことも覚えています。

また、私の両親は共働きで、仕事の関係で夕食が私ひとりの時もありました。そんな時は、親が必ず夕食代として500~1000円を置いていってくれました。お金が無いときにはよく夕食を100円とかで済まして、差額をおこづかいに変えたりしていたのも覚えています。

・高校3年生~大学生
このころになるとアルバイトも幅広く始められる年齢になり、今までより収入が劇的にUPします。尚且つ個人差はありますが、私の場合は学生ということもあり、お年玉は貰えていました。ただし、居酒屋でお酒を嗜んだり、友人とちょっとした勝負事をしたりと支出も今までの倍以上になってると思います。

アルバイトをしていたのでお金に困ったときはまずシフトを増やしていました。単純に収入を増やすという作戦です。また、飲食店で働いていたので、廃棄食材をお願いして持って帰らせて頂いて、食事代を軽減することもしばしば行っていました。

親にお金借りていた分をバイトで返済

お金を貸して返ってこなかった…。
なんて、経験はザラにあると思う。
それが、少額でも、多額でも。
どうしてこのような事が起きるのだろうか?

それは、貸す人、借りる人の間柄にあるのではないだろうか?
私は、実際、親にお金を借りた事がある。
専門学校をやめるのに、まとまったお金が必要だったからだ。

アルバイトをして、月五万円ずつ返す事で話はまとまり、その場をしのいだ。
さて、月五万円ずつ返す事になり…。

最初は、返さなければと気が張っていたのだが、だんだん、
「親だし、別に毎月五万円ずつ返さなくても、たまに、三万円とかでもいいのでは?」
と、思うようになり、一回、毎月五万円の約束を渋った時がある。

しかし、世の中そんな甘くはなく…。
「いくら親だろうが、人からお金を借りた以上、始めの約束通り、五万ずつ返せ!」
と、私の甘え心を厳しく叱ってくれた。

結局、私は、まじめにアルバイトをして三年程で、全額返し終える事が出来た。
お金を借りた人というのは、お金を貸した人より、借りたお金への執着がだんだん薄れるのではないだろうか?
私のように、その場をしのげれば、後はそれでいいという考え方の人が多いのではないだろうか?

もう一つ例をあげれば、私の亡くなった祖父が以前人にお金を貸し、未だにまだ返して貰っていないと言っていた。
祖父とその人の間柄はよく分からないが、多分祖父は、お金を返せと言えなかったのだろうし、その人ももう過ぎた事だし良いかと考えているのだろう。

祖父の話を聞いて、私は自分の親に感謝している。
おそらくお金を返せという発言は喋りづらい言葉なのだろう。
だから、ちゃんと私にそれを伝え、後にギクシャクした関係にならずに済んだからだ。